佐野市環境ネットワーク会議SACO-net会員お申し込みはコチラ

SACO6

3Rかかり
3Rかかり
啓発かかり
啓発かかり
創省かかり
創省かかり
自然かかり
自然かかり
街町かかり
街町かかり
家庭かかり
家庭かかり
佐野市ホームページ
佐野市ホームページ

お問い合わせ

佐野市環境ネットワーク会議

事務局

(佐野市環境政策課)

担当;大森

〒327-8501 

佐野市高砂町1番地 佐野市役所5階
TEL0283-20-3013
FAX0283-20-3046
kankyou@city.sano.lg.jp

 

SACO-netパンフ
三つ折りパンフ.pdf
PDFファイル 275.9 KB

2012/7/28原発を選ばなかった国デンマークに学ぶエコスタイル無事終了しました。

デンマークよりジャーナリストのニールセン・北村朋子さんをお招きしてデンマークのエコ・チャレンジのお話しをしていただきました。

今でこそ、エネルギー自給率120%のデンマークも1972年では5%だったそうです。正に我が国の4%と同じ時期があったんですね。 

ATOMKRAFT?NEJ TAKマーク
ATOMKRAFT?NEJ TAKマーク

更に、デンマークでも原発をつくる構想が政府主導でもちあがり、北村さんが現在お住まいのロラン島もその候補地にあがった。これに反対する市民組織「原子力情報組織(OOA)」が立ち上がり75年には有名な「ATOMKRAFT?NEJ TAK(原子力?いりません)のメッセージステッカーもつかられまた。お向かいのスウェーデンではバルセベック原発が稼働しデンマーク世論が多いに割れていた、そんな中、1979年のスリーマイル島原発事故が起き、国民世論はひとつになり、ついに政府が85年原発エネルギープランを完全に排除したのです。

翌年86年にチェルノブイリ事故が起き、もはや原発は完全にあり得ないエネルギープランとなったわけです。

ロラン市は人口65,000人ということなので、佐野市の丁度半分くらいの市で、昔は造船業で栄えていたところに、造船新興国の増大から成り立たなくなり、造船業そのものが衰退してしまいます。その時のロラン市失業率がナント20%を超えていたそうです。

しかし、そこから奇跡の大復活を遂げるわけですが、そのサクセスストーリーは是非北村さんの著書「ロラン島のエコ・チャレンジ デンマーク発、100%自然エネルギーの島」を読んでみて下さい。デンマークの美しい風景もとても素晴らしくお楽しみいただけること間違いなしです!

後半は佐野市在住の女性をパネラーに集め、女性目線、家庭目線で北村さんに質問・疑問をぶつけてみるという内容で進めました。パネラーには栃木県地球温暖化防止委員の福地和子さん、SACO-netかていかかりちょう上岡七生美さん、癒しカウンセラー・桜屋代表の高橋恭子さん、更に今回のイベント・総合プロデューサーのNPO法人エコロジーオンライ代表理事の上岡裕さんにはコメンテーターとしてご登壇いただきました。

「こういう、企画にもっと若い女性が参加するにはどうしたらいいか?」や「ロラン市やデンマークのようになるにはどうしたらいいか?」「子どもたちへの環境教育方法」などなど盛りだくさんの質問・疑問に一つ一つ丁寧に答えてくれた北村さん。

 

参加者の方からも質問が出て、全体的にとてもわかりやすい良い講演会だったと思います。

ご参加のみなさま、関係者のみなさま有難うございました。